テレワークの実現

仕事環境が大きく変わった新型コロナウイルス出現前から、当社のネットワーク設計は、モダンで安全なSSLおよびIPSec VPN接続を採用してきました。これらのテクノロジーにより、リモートワーカーはインターネットを使用してどこからでも会社のネットワークに接続することができます。最新世代の暗号化と認証は、システムが公共のWi-Fiスポットなどの安全でないネットワークで使用されている場合でも、お客様のデータを保護します。多くのネットワークアーキテクチャで VPN 接続をサポートしており、オフィスにサーバーを設置している環境もあれば、クラウドベースのアプローチやハイブリッド設計を使用する例もあります。

VPN の新しい代替手段として、仮想デスクトップインフラストラクチャを使用したゼロトラストネットワークの導入を開始しました。リモートワーカーは、任意のプライベート PC を使用し、クラウド内の仮想コンピューターへの暗号化された接続を確立できます。認証者の ID は、社内ディレクトリにリンクされた ID プロバイダー、オーセンティケータアプリ、および 3 要素セキュア認証用のプライベート証明書を使用して検証されます。仮想PCが企業のITセキュリティポリシーに従って構成されている間は、プライベートPCが企業ネットワークと直接やり取りすることはありません。

セキュリティ

サイバー攻撃が増加する時代において、企業にはあらゆる防御能力が必要となります。エッジ、ネットワーク内、クラウド、エンドポイントのいずれにおいても安易に信用せず、すべてを保護し、暗号化します。

PI SYSは、包括的な多層防御戦略の基礎となるITセキュリティポリシーの定義と実装を支援してきました。これにより、ベストプラクティスに従い、権限は最小権限のみに基づいて付与され、最新のファイアウォールとエンドポイントセキュリティシステムが確立されます。また、公開鍵基盤(PKI)を作成すると、組織内の信頼と暗号化が管理され、会社のコンピュータは証明書によって認証されます。セキュリティで保護されていないWIFIパスワードは、更新の必要がなく、忘れたり、権限のない者に渡されたりすることはありません。

ネットワークとクラウド構築

当社は、国内外の企業向けに、信頼性と安全なネットワークを構築します。中小企業向けの費用対効果の高いソリューションからエンタープライズグレードのインフラストラクチャまで、PI SYSは従来のオンサイトルーティングとスイッチング、最新のクラウド環境をサポートします。

当社のお客様のほとんどは、ハイブリッドクラウドアプローチを使用し、オンプレミスのリソースを 1 つまたは複数のクラウドプロバイダーに接続しています。また、特定のサービス(電子メール、バックアップなど)のみ、あるいは内部ネットワーク全体で、クラウドへの移行をサポートしてきました。

適切なクラウドアーキテクチャとは、クラウドプロバイダーが提供するマネージドサービスと、クラウド内の自社サーバーの管理との間の適切なバランスを見出すことを意味します。グローバルクラウドプロバイダーのインフラストラクチャと知恵を活用することで、お客様にとって大きなセキュリティとコスト面でのメリットが得られます。一方、クラウド内の自社製ソリューションにより、制御性と柔軟性が向上します。

プログラミング

新しいウェブサイトが必要な場合でも、既存のデザインをモバイルフレンドリーにしたい場合でも、レスポンシブウェブデザイン、アニメーションなどをコーディングします。また、API を使用して既存のソリューションを統合するだけでなく、カスタムアプリケーションも作成します。

お問い合わせ

あなたのITにおけるプロフェッショナルで信頼できるパートナーになることを心待ちにしています。必要な問題の解決、当社のサービスについての詳細をご希望の際は、お気軽にこちらまでお問い合わせください。